• 事業方針:解体作業の業務請負と内部解体を専門にお客様の戦略的パートナーとなり、連携強化を展開。
  • 育成方針:作業員の社会保険加入を推進し、自社工事で経験を積み、個人としての能力を最大化とキャリアアップを促進する。
 移り変わりの激しい時代で勝ち残るには、環境変化に適応できる外部連携化を展開することこそ中小企業のとるべき戦略のひとつであるといえます。

国土交通省の推進する「社会保険加入の徹底」により、作業員の確保が難しいという話を多く聞きます。我社は、お客様の成長戦略の基準「利益を生む現場づくり」のカギとなる”作業員”の社会保険加入を推進し、自社工事で経験を積み上げ、個人としての能力を最大化とキャリアアップを促進し、お客様の戦略パートナーとなり、市場拡大に貢献します。

 

 

▼人材育成プログラム基本方針

  • 安全作業を前提に労働災害の防止を図り、技術の向上に努め、品位を守りお客様に貢献していくことを基本方針とする。
  • 行政・関係団体の講習会、説明会、セミナー等の広報を行い、参加を促す。
  • 解作業員に対して、社内外の機関を活用して「品位の向上」「安全の向上」「技術の向上」などについて講習会、研修会を行う。体に関わる工事、環境、安全など関係法の制定、法規制、改定などの広報を行う。
  • 建災防並びに指定教育機関等による「解体に関わる各種資格」等の講習会への参加を積極的に行う。

 

Step1:社会人教育(品質レベルの向上)

お客様ブランド戦略としての社会人教育、魅せる現場を意識しての「品位の向上」
作業所内や近隣への社会人としてのマナーやあいさつ、整理整頓、美化活動への意識をもつことで、発注元や地域住民から喜ばれ、地元と良好な関係の作業所は、従業員が働きやすく、安全や”継続受注”にもつながる。

Step2:安全教育(安全レベルの向上)

お客様ブランド戦略としての安全教育「安全レベルを向上」
安全もブランドの一つと考えており、安全衛生面では、人命尊重を基本理念に、社内外の機関を活用し、安全教育を実施し”ゼロ災”に取り組んでいます。

Step3:技能講習(技能レベルの向上)

お客様ブランド戦略として、「技能レベルの向上」
お客様の人材戦略として、作業員が技術や知識を持つことで、現場に興味を持ち、モチベーションがあがり、作業スピードアップにつながり、結果としての”工期短縮”は、利益になります。


What’s New